留学せずに1年で中国語が話せるようになった僕がやった5つの学習方法

  • By sins
  • November 24, 2013
  • Comments Off on 留学せずに1年で中国語が話せるようになった僕がやった5つの学習方法

 

昨年10月にフィリピンに来てから勉強を開始したので先月でちょうど1年。感覚としては中国人との意思疎通には困らないくらいに会話できるようになったという実感があります。フィリピンに住んでいながらどうやって中国語を学習したのか、私の5つの学習方法を紹介致します。

 

学習方法紹介の前に

まず、どの程度のレベルになれば「中国語が話せる」と言えるのでしょうか。私は先月に新HSK4級を受験し241点で合格しました(180点以上で合格)。新HSK4級の試験概要には以下とありましたので、こちらの合格を話せるレベルとさせていただきました。

「幅広い範囲にわたる話題について、中国語でコミュニケーションをすることができ、中国語を母語とする者と流ちょうに話すことができる」ことが求められます。

(※ 注: 中国語を長年勉強されている方からみると不十分と言われてしまうかもしれません。)

HSK公式サイト HSK4級の試験内容

TOEICでいうと650〜800点程度とのことです。

東京成徳大学 中国語能力検定級別レベル一覧表(TOEICとの比較)

それでは以下、私が実践した中で効果があった学習方法を5つを紹介致します。

 

学習方法1 skypeオンライン中国語会話

skype

オンライン中国語サービスがなかったら絶対に話せるようにはならなかったと思います。月額1万円以下で毎日30分会話できます。1レッスンあたり200円〜300円でレッスンできます。ものすごい低価格です。いつでもどこでもネットがあれば中国語レッスンができるというのは大きな魅力でした。仕事が忙しい時は受けられませんでしたが、1年間で100回程度はレッスンを受けたと思います。

ゼロから何も分からない状態でレッスンを始めたのですが、中国人講師は日本語能力が高く日本語で中国語を教えてくれました。初心者にとってはとても助けになりました。その後、勉強開始3ヶ月目以降からは全て中国語で会話をするようになりました。

オンライン中国語サービス数は40以上存在しますが、その中でも優良と思われる5サービスと毎日25分プランの価格を参考に掲載しておきます。

Gチャイナ (月額6900円)
NetChai (月額6980円)
TalkChina (月額8500円)
Chinese Plaza (月額8500円)
iChina (月額9800円)

 

学習方法2 iphoneアプリで単語力アップ

chinese_iphoneapp

単語力がないと会話も何もできないので単語力のアップは必須です。単語の勉強にはiphoneアプリがとても役に立ちました。ちょっとした空き時間で学べるので、朝に起きた直後や寝る前などのタイミングで勉強していました。アプリは10個ほど試したのですが、「30日 中国語単語」というアプリがデザイン的にも機能的にも一番良かったので使いました。現在70%オフキャンペーン中ですので200円で購入できます。安過ぎます

このアプリで勉強できるのは2000単語ですが、中国語は漢字であり日本語と同じ単語も多いので、実際には5000単語以上の単語力はついているのではないかと思います。

 

学習方法3 カエルライフ動画教材で文法を学ぶ

学習書を読んで文法を学ぶというのは退屈であまり続ける自信がないと思っていたのですが、こちらの教材では動画で文法を学べます。ものすごく分かりやすい内容です。完成度も高く動画学習教材の可能性を感じました。レッスンはyoutubeで無料で閲覧することができます。その後、カエルライフの練習教材を買って勉強しましたが、瞬間英作文のような内容でした。まず日本語の文が読まれ、3秒後くらいに中国語が流れます。何回もやっていたら文章をほとんど丸ごと覚えてしまいました。

– 中国語文法講座 – 基本の表現編(全18回)
– 中国語中級文法講座(全10回)
– 中国語中級文法講座 – 補語編(全11回)
– 中国語中級文法講座 – 重要構文編(連載中)

 

学習方法4 youtubeでリスニング力を磨く

youtube

リスニング力は会話力に直結するため、リスニング力の向上は重視したポイントでした。中国語の発音は四声というのが難しいので慣れるためには量をこなす必要がありました。youtubeには中国語の動画が大量に上がっていましたので活用することにしました。youtubeには5分前後の短いコンテンツが大量にありますので、飽きずに継続できました。DVDを見るというのも良いかと思います。単に動画を見ているだけでは力が伸びないと思い、会話を聞き取って文字におこすという学習方法を行いました。

 

学習方法5 lang-8でライティング力を磨く

lang-8

ユーザ数60万人の相互添削SNSサービスです。文章を書く練習をするためにこちらのサービスを使いました。日記を中国語で書くと中国人が添削してくれます。書いたらすぐにユーザーが添削をしてくれるので大変便利です。無料で使えます。とてもありがたいです。現在スマフォアプリ開発をすすめられているようですのでリリースを期待したいと思います。

 

まとめ

私が学生の頃に英語を勉強していた時はいろいろ苦労した経験がありますが、現在はインターネットとiphoneアプリのおかげで、語学の学習ハードルが大きく下がっているということを実感しました。簡単に学習を開始できます。

また、中国語は日本語と同じく漢字を使う言語なので英語よりも学びやすいという印象を受けました。漢字をみるだけである程度は意味が推測できてしまいます。日本人にとって中国語は覚えやすい言語でしょう

 


Categories: 中国語学習

Comments are closed.