『夢をかなえる勉強法』を読んで気づいた3つのこと

  • By sins
  • December 25, 2013
  • Comments Off on 『夢をかなえる勉強法』を読んで気づいた3つのこと

 

夢をかなえる勉強法』。かなり売れている本のようでした。中国語の勉強法に活かしたいと思って読んでみました。そこでの気付きを3点。

benkyohou

1. 勉強の目的

勉強の目的は自分のやるべきことや本当の目的、ミッションを知り、幸せになることにある。

語学の習得というのは時間もかかるし大変です。なぜ中国語を習得したいのか、習得した結果としてどうありたいのか、をちゃんと意識しなければ学習のモチベーションが続かないでしょう。中国語の習得というのは手段です。常にその先のミッションというものを意識したいと思います。

2. ゴールからの発想

夢をかなえる勉強法でいちばんのポイントとなるのは「ゴールからの発想」だ。(中略)ゴールを意識するために、私の塾では授業開始の初日に「合格体験記」を書いてもらうことがある。(中略)つまり自分はもう合格しているのだ、というところからスタートして勉強を始めるわけだ。

合格体験記は書いていませんでしたが、自分も知らない間にもう合格しているという感覚で勉強をしていたことに気づきました。

勉強を開始した時には中国語学習系のブログを読みあさりました。「日本在住エンジニアの中国語独学ブログ」などは何回も読みました。それにより、まるで自分が合格したかのようなイメージをもって勉強を続けられたと思います。中国語学習の先輩方が書かれているブログを読むことはとても有意義なことだと思いますし、ブログを書かれている方々にはとても感謝したいです。

 

3. スランプになったらおめでとう

スランプに陥ったときほど、合格に近い。「自信を持て!」と言っている。勉強をしていなかったら、スランプに落ちこむことなどありえない。高い目標を持って努力しているからこそ、スランプがあるのだ。

前向きなところが良いです。あまり伸びていない時期は不安になりますので、この考え方を意識したいと思いました。なにごとも考え方次第です。勉強に限らずポジティブシンキングでいることは素敵なことだと思います。

 

最後に

本の中にはたくさんの勉強法が書かれていましたが、半分以上は私にはあわない方法かと思いました。しかし、3つも気づきを得られただけでも十分に満足しました。中国語学習方法についてという記事でも書きましたが、勉強法は人によってあうあわないがあると思いますので、様々な勉強法の中からこれは使えると思ったものを抽出して日々の学習に取り入れていくことは意識したいポイントかと感じました。引き続き頑張っていきましょう。

 


Categories: 中国語学習

Comments are closed.